本文へスキップ

Gifu City International Exchange Association

防災情報 DISASTER PREVENTION

岐阜市災害時多言語支援センター

岐阜市災害時多言語支援センター



外国人被災者が 災害発生時に 迅速かつ的確な行動が とれるようにします
 外国人被災者が、情報を得られる「安心」と、母語を見る・聞くことで得られる「安心」を届けます
 避難所運営者が「安心」して外国人を受け入れできるようにします


 設置及び運営主体
  岐阜市 及び 公益財団法人岐阜市国際交流協会

 設置場所
  みんなの森 ぎふメディアコスモス 1階 多文化交流プラザ

 設置基準
  市内で震度7の地震が発生したとき、多くの外国人が被災し支援が必要なとき

 業務内容
  ①災害情報の収集・翻訳・多言語での提供(英語・中国語・タガログ語・ポルトガル語・「やさしい日本語」)
  ②避難所巡回
  ③外国人被災者からの相談への対応
  ④避難所からの通訳派遣・翻訳依頼への対応

 岐阜市災害時多言語支援センターの設置及び運営に関する協定を締結(2017年3月28日)
 
   

→岐阜市災害時多言語支援センターについて(概要) (PDF)

→設置訓練のようす(PDF)




 関連情報
 
  「やさしい日本語」ワークブック(PDF)岐阜市発行
   災害の際に「やさしい日本語」で外国人に情報を伝えることができます。

  災害時用の外国語指さし会話集(PDF)岐阜市発行
   災害時にはスムーズな意思疎通が特に必要です。(主に事業者向け)
    ※英語・中国語・韓国朝鮮語・タガログ語・ポルトガル語・日本語

  
    ※英語・中国語(簡体字/繁体字)・韓国語・日本語