21世紀のスポーツ指導者 望ましいスポーツ指導者とは

興味深い言葉を見つけましたので、紹介させて頂きます。
是非、色々なところで活用して下さい。

   
 我々は学ぶことをやめたときに、
教えることをやめなければならない

       
  ロジェ・ルメール(フランス)
 毎日をその日の収穫高で
判断せず、蒔いた種で判断しなさい

    
 ロバート・ルイス・スティーブンソン
(スコットランド)
 ある人に魚を一匹与えれば、その人は一食を得る。
魚の捕り方を教えれば、その人は生涯食える。

        
 管仲(中国)
 一つの手間で一つの利益を得るなら穀物を植える、
十の利益を得るには木を育てる、百の利益を得るには人を育てる事だ
 
   

日本体育協会 指導育成委員会が2005年3月31日に発行した
21世紀のスポーツ指導者
〜望ましいスポーツ指導者とは〜
から、抜粋した指導者の金言です。
自分達は、クラブの指導者ではなく、選手ではあるが、自分達の練習以外に、
中高校部活動・バレーボール教室など、自主的に参加しているなかで、より活用できる言葉であると思いました。
ただ、試合の勝ち負けに囚われず、スポーツの本質的な楽しさ、
素晴らしさを自分達も理解してより良いクラブチームにしていこうと思いました。

トップへ