クラブ日誌bT

平成17年12月11日(日)
武芸川町体育館にて

準決勝 対 羽島クラブ
・終始リードを保ちつつも、チャンスボールの処理に不安を残す試合展開だった。
相手がどこであっても、集中力の持続が課題となる。
・ブロックにしても、2枚・3枚で跳ぶのか相手に合わせた意識を今後克服していく必要がある。
決勝  対 チューズディー
・選手が気を抜いた瞬間にやはりミスが出た展開であった。ここ一番の集中力は、確かにあったのだが、得点に結びつける詰めの甘さを克服したい。
<今後の課題>
・去年の全日本総合、スーパー9、クラブカップにしても、国体にしても、詰めの甘さで泣かされ続けた場面が多く、やはり練習試合や、接戦した試合展開で克服できるかが課題である。
・サーブ力の低下は、個人の意識に大きく関わってきている。筋力が冬場は落ちるが、自主的なトレーニングや、個人の意識を上げていきたい。
・ブロック面は、練習不足。来年はとにかくブロックを鍛えていきたい。
・試合中、弱気になる選手を支えるプレーがあった。(サーブポイント、ブロックポイント)など、他の選手に期待するのではなく、練習に位置づけられたポイントを増やしていきたい。

今年は、まだ新チーム結成1年目であり、若い選手と、ベテラン組の相互関係や中核的役割を果たす人間達が、チームの心臓となって今後クラブを支えていきたい。
これからも新鮮さをチームに送り届けれるように管理人として頑張ります。

3月クラブ選手権までに、更なる成長が出来るように頑張ります。

トップページに戻る

前のページ

今年一年間お疲れ様☆
今年一年間は色々な人達に支えられ、怒られ、励まされ、甘えたり、 とにかく色々な一年でした。 全日本総合で国体2位の埼玉選抜に今一歩のフルセットで負け。 スーパー9で、Bトーナメントであるが優勝することが出来た。 東海大会で51年ぶりに勝つことが出来た。 練習試合もこれ以上無いくらいのスケジュールを計画してきた。 一年間の波をみんなで乗り越えることが出来た。 来年も、色々な人達と関わりを深めより良いチーム作りクラブ作りを 念頭に置き岐阜県を代表するクラブに変わっていきたいと思います。