不妊症について
不妊症かな?と思ったら
日本不妊予防協会 チェックリスト
鍼灸にできる事
・自律神経に作用し、ホルモンバランスを整える
・冷え症の改善
・骨盤内、子宮まわりの血流を促進する
・基礎体温の改善
・より良い卵胞を作るよう促す
・卵巣、子宮の老化を防ぐ(アンチエイジング)
・多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療
・生理不順や排卵周期の改善
・子宮内膜の厚みを増やす
・排卵誘発剤による卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の治療
・不育症の改善
・ストレスの緩和

治療について
@カウンセリング
 状態の確認
 ※病院での治療内容、月経の状態、骨盤内の環境など
   詳しく知るため、アンケートの記入をお願いしています

 鍼灸治療の説明など

A治療
 治療時間は30〜40分程度です
 
 当院の治療は刺激が少なく、
 痛くない治療を主としておりますので
 はりが初めての方でも安心して受けていただけると思います
 お灸もやけどや跡が残るような施術はしておりません
 
 治療の間隔は基本的に
 1週間以上あけないようお勧めしています
 3日に1回程度受けていただくとより効果的です


B妊娠後
 妊娠中も鍼灸治療を受けることに問題はありません
 当院の針はすべて使い捨てのものを使用しております
 妊娠後も35歳以上の方、流産経験のある方などは、
 流産予防のため9〜12週まで見せていただくことを
 お勧めすることがあります

 妊娠中期以降の鍼灸治療は
 1〜2週間に1回継続して受けていただくと
 安産、妊娠中のトラブルの予防、逆子予防などにつながります

鍼灸治療についてなど
 鍼灸治療は副作用がなく、確実に体の老化を防ぎ、
 骨盤内の環境を改善できます

 また、不妊治療により服用する薬の副作用や
 体へのダメージを緩和することができるため、
 注射や薬の服用をしている方には
 ぜひ卵巣への負担を緩和させるためにも
 併用して鍼灸治療を受けることをお勧めしています。


〒502-0857 岐阜県岐阜市下土居1−7−27 メゾンRynRyn101
女性専科 アルパカ鍼灸治療院