水うちわとは

 水うちわは、雁皮紙(がんぴし)という非常に薄い和紙を貼り、専用のニスを塗って仕上げてあるのが大きな特徴です。 ニスと聞くと石油製品のように感じますが、当店で使っているニスは天然由来の物を塗っております。
 最初に水うちわが作られたのは、明治時代だそうで、ニスを塗る事により透明感が出て、涼しげなうちわに仕上がります。 見た目が透けて涼しげなため、水うちわと名前が付いたと聞いております。 昔は水につけて気化熱で涼むという方法で涼をとったとも言われていますが、当時は物を大事に扱っていた時代ですので、本当につけていた訳ではありません。 
 ニスで仕上げてありますので水は弾きますが、水に浸すのは御薦めしません。 何度も水につけると白濁しますので、ご注意下さい。(現代の完全な防水加工を思えば、お粗末な防水性能です。 普通に扇いで頂いても充分に涼しいと思います。)




扇風機もクーラーも無い時代にはチリンチリン、と鳴る風鈴の音を聴いて(聴覚的に)涼しさを感じていたように水うちわで視覚的に涼しさを感じていたのではないでしょうか。
↑水うちわを乾かしています

HOME

 〒500-8009岐阜市湊町46
住井冨次郎商店 住井一成